妊娠前の自身の乳首については特に気にすることはありませんでした。

しいてあげるとすれば、ピンク色の綺麗な乳首になりたいなあといったような願望のようなものを少々持つぐらい。

乳輪の色も普通の茶色、乳首も大きくも小さくもないくらいでした。

しかし妊娠後、あらゆる変化が出始めました。

まず色。
どんどん黒くなっていくのが日を追う毎に顕著に現れました。

しかし、この変化は致し方ないということで気になるものの直す手立てはありませんでした。

そして出産後、現在では色の黒ずみは少し落ち着きましたが乳輪は大きいまま、乳首も母乳を与えているせいか、吸われてのびて大きくなりました。

そんな乳首をみて主人には笑われたりするのでその度に少し嫌な気持ちになります。

子供も6ヶ月と小さく、第一子なので第二子、第三子を考えると…温泉などへ行くと乳首の伸びきった中年・ご高齢者を大浴場で見掛けますが私もそのうちあのような感じになるのだと思うと気持ちが沈みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください